京都 蒼龍館

京都府宇治市で活動する剣道スポーツ少年団です。

言ったもん勝ち?数の多いもん勝ち?

言ったもん勝ち?数の多いもん勝ち?

こんにちは。管理人です。前回の更新から1ヶ月半も経ってしまいました。早くも年の瀬・・

1年が早い・・・

 

さて・・・今日は剣道とは関係ない話・・・

 

以前から、「除夜の鐘がなくなった・・・」という話題を聞いていましたが、今朝も”あさチャン”
でやってましたね・・・・

その番組によると、「除夜の鐘がうるさい・・」というクレームがあって、お寺さんが除夜の鐘をやめたり、除夕の鐘として昼間や夕方に行うようにしている・・・というのです。

そのほかにも、徒競走で順位つけられたら、ビリの子がイヤな思いするからやめろと言われ、学校側の対応としてみんなで手をつないでゴールする・・とか、幼稚園の節分のマメまきで、マメが耳や鼻に入ったら危険だ!とかいうクレームで、新聞紙丸めて鬼は外やってるとか、お祭りの鬼を子供が怖がるから、優しい鬼にしろとか?信じられないような話ばっかり・・・

それ以外にも、こないだ聞いた話で
修学旅行の行き先に反対した一部の保護者が学校に文句を言い、その子達は修学旅行不参加。

学校側はその保護者に修学旅行の積立金を返金する・・その後、学校では修学旅行のレポートを書くという授業があり、それにまた不参加の保護者が、「ウチの子は参加していないので書けないし、ウチの子供が肩身の狭い思いをした・・」と学校にクレーム、学校が謝罪する・・という、これまた信じられない話を聞きました。

こういう保護者ってホンマ信じられんし、学校側の対応も対応やなぁと・・・

いや、クレーム言われる側もいろいろ熟慮して対応を考えに考えた結果なんだと思いますよ。現場は大変なんやと思います。だけど・・・

 

いろんな場面でいろんな事がありますが、一部のクレーマーの意見にビビッてしまって大事な事を忘れているような気がしますね。日本の伝統文化や、修学旅行じゃないですけど、本来の意義・意味・信念など、ブレたらあかんところはしっかりもってコトにあたるようにしたいものだなぁ・・と思いました。

管理人も家庭に仕事に剣道に(書く順番配慮・・www)、大事にしたい部分、信念持ってコトにあたっている部分についてはブレずにいかなあかんな・・・と。

 

一部の少数クレーマーのわがままがまかりとおる一方で、数の多いもん勝ち?みたいなところも最近よく聞きますね。大きいところでは、イギリスのEU離脱とか?最近ホットな話題でいけば、「カジノ法案」の採決とかもそうですね。

身近な話でも、熱意・信念を持ってやっている方のチャレンジがフイになってしまったり・・・

大多数や満場一致が正しい!みたいな流れが・・・

 

本当に大事な事は何なんか?を考えたら、自ずとわかると思うのですが。さすがにカジノ法案など
大きな話になってくると数の原理を働かせないといけないと思いますが、それでも一応少数意見を
しっかり配慮して・・・結論にもっていく・・みたいなプロセスを大事にせんといかんよな・・って思います。

クレームじゃないけど、それ以外にも、初詣に神社などで頂くお屠蘇も中止したり、ノンアルのお屠蘇?やお持ち帰り制度にする神社やお寺さんが増えているとか。その理由も、酒気帯び運転のリスクが高まる・・・という理由だそうです。飲んだら乗るなは社会人の鉄則で、それを神社やお寺さんが気にせなあかん・・という・・・

絵馬のお願いも人に見られたくないから!という理由で「神のみぞシール」なるシールを貼って絵馬の願い事を隠すとか、日本らしい文化がどんどん変わっているようですね。

 

クレーム、言うたもん勝ち・・・
数の多いもん勝ち・・・
時代の流れだから?で片付けられないような・・・・

なんかヘンだな~と感じる今日この頃でした。

« »