京都 蒼龍館

京都府宇治市で活動する剣道スポーツ少年団です。

剣道で勝っていれば勝負に負けてもええやん?

剣道で勝っていれば勝負に負けてもええやん?

yjimageqcnlj279

寒いですね~。

大寒波・・・スタッドレスタイヤを広島まで買いに行った1月中旬を思い出します・・・三代目管理人です。さて、インフルエンザが流行っていますが・・蒼龍館の子供達は元気に稽古に試合に励んでおります。

今週末の蒼龍館は・・土曜日には砂川少年剣道錬成会さんが出稽古に来てくださいました。蒼龍館に稽古に来てくれたのは2回目でしょうか。だいぶ蒼龍館にも慣れていただいて・・・

白い道着・袴に身を包んだ先生にしこたま稽古つけてもらっていたようですネ。よく頑張りました!田中先生始め、新谷先生、子供達、ご父兄の皆様、お越し頂きありがとうございました。

そして日曜日は・・久御山町スポーツ少年団本部長杯争奪剣道錬成大会に参加させていただきました。蒼龍館からは面付けしている子供達ほぼ全員が個人戦に参加。そして小学生高低・中学生の団体戦に臨みました。

小学校高学年団体戦では、1回戦、まさかの砂川さん・・www

結果は、ケンシロウが個人優勝を果たすも、その他個人、団体とも頂いた入賞はすべて3位という・・相変わらずのブロンズコレクターぶり・・・決勝に上がるチームとBEST4で終わるチーム、ここの壁がなかなか越えられませんね。また最初から・・稽古あるのみですね!

 

管理人はといえば・・諸般の事情により審判はできませんで、監督業に専念。その間いろんな試合場で多岐にわたる学年別の試合を見ることができました。昨日の試合・・・総じて・・

小学生の試合にハツラツさや思い切り、見ていて気持ちがいい試合がほぼ・・ない

ということを強く感じました。特に小学5年生ぐらいの個人戦になると、まず打たない。お互いに打ち合わない・・打ってきたら返す、打ってきたら返す、鍔競り合いはくっついて離れない・・こんな試合ばっかり・・なので、延長で20分以上やってるカオスな試合が何試合あったか・・

そうまでして勝たんでも・・っていう・・

低学年はまだガンガン打つ子は打っているのですが、試合慣れしている子は受けては返し・・受けえては返し・・・っていう待ち剣の片鱗もチラホラ・・・

反面、中学生は・・・仕掛け合い、ガマン所、一気にドカーンと行くところ、スピード感も元気もよくて見ていて気持ちの良い試合が多かったですね!

子供達は試合に勝ちたい!父兄も勝って子供達の喜ぶ顔を見たいし、感動を味わいたい。指導者も勝たせたい・・・ですが・・それに凝り固まると、「先に打つな」「きたところを返せ」「1本を守りきれ」ってなってしまいますよねぇ。

少年剣道でそうしてしまうと、中高大と大きくなればなるほど試合で勝てなくなりますし、何より剣道を続けることが難しくなるでしょう。ひいては、剣道を通じての人間形成にはつながらなくなってしまうのです。ってわかっていながら・・・

果たして今の自分の指導はどうなんかな・・と思ってしまいました。

先の剣道、攻めの剣道で公式戦で優秀な戦績を修められている道場さんもあります。そういった道場さんはどういう指導をして子供達の剣道を伸ばしているのか、今一度学んで、立ち返らないとあかんなぁ・・と思いました。良い”気づき”を頂きました。

強く美しい思い切りの良い剣道で勝っていれば、勝負で負けたってええやんか。その剣道で、また次の勝負に挑もうよ。

そりゃ、剣道も勝って、勝負でも勝っていればいいに越した事はないけどさー。勝てばどんな剣道でもええんかっていうと、それは違う。

指導も・・紙一重だし、やっぱり師弟同行で子供達に見せていかないとと思いました。

IMG_8823

 

 

« »