京都 蒼龍館

京都府宇治市で活動する剣道スポーツ少年団です。

コラム 「観の目・見の目」

管理人コラム 「観の目・見の目」

初蒼龍館錬成会ありがとうございました!

IMG_6052

3代目(先代の)管理人です。

すでにfacebookでは、イベント公開させてもらっていましたが、7月16日は蒼龍館として初めて主催して、錬成会を実施しました。

当日は管理人が知る限りでも、和歌山で大きな大会、京都北部でも大会ということで参加してもらえそうな道場さんは少ないかも・・と心配しましたが、フタを開けてみれば、25道場(小学生25チーム、中学生22チーム)も参加していただき、非常に充実した錬成会になりました。

当日は・・・まず何より暑さ・・・ホンマに暑かったですね・・・
アタシもマイクを持ちながら、滝汗でした。もってるタオルハンカチの汗がしぼれましたから・・・

当道場としても、一番怖いのが熱中症ですから、毎度のアナウンスと給水所への呼び込み、ありったけの扇風機・・会議室は冷房して即席の椅子ベッドを用意。ご父兄に看護師さんもいましたので救護係をしていただき、可能な限りの体制を整えての錬成会でした。

結果としては1人も大事無く錬成会を終えることができてホッとしております。

その前に・・試合をみていて思いましたが、どこの道場の子供達も、全国大会を前にそんな暑さでまいるようなぬるい鍛え方はされていないな・・・と・・・(驚)

集中力を切らせることなく、一戦一戦、挑戦と反省を繰り返しながらいい試合が展開されていましたね!

試合の構成の方は・・facebookでも公開しましたが、小学生は午前と午後で5チームリーグ。夏季の暑さ対策もあって、極力休憩が入るように・・かといって空きすぎず・・を考えての構成にしました。そして・・午前のリーグ順位で午後の結果を決めるという・・・最後には1位から25位まで順位をつけて。

一審制ですから、参考程度ですが、それでも自分たちの立位置を認めざるを得ないものですね。
蒼龍館のレギュラーチームも大いに反省・・・と思います。

中学生は22チームあり、小学生よりは試合を多めに、多少の連続試合も頑張ってもらうつもりで2つに分けて総当りにしました。あまった時間では、簡単なトーナメント戦を行い一発勝負の緊張感を持って錬成してもらえたと思います。

決勝戦は、最後のオオトリとして全員で囲んで見取り稽古としました。

滋賀の彦根城南さんと京都弘道館さんとの大一番でしたね。審判も、管理人が仲良くさせてもらっております教七の先生3名にお願いさせていただき、品位あってかつ的確な審判で決勝にふさわしい締まった一戦にしていただきました。3先生、お願いをお聞きいただき大変ありがとうございました!

観戦した小学生も中学生も、かっこいいなぁ・・・で終わらず、どうやったらあのような技ができるのか一生懸命見て、考えて、実践してほしいと思います。

最後になりますが、ご参加いただきました道場の指導者の先生方、子供達、ご父兄の皆様、大変ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

IMG_5986

ありがとうございました!

IMG_3419

こんにちは・・・3代目管理人です。

さて・・FBなどでも情報が飛び交っておりますが、先週日曜日、全国道場少年剣道大会の京都府予選会が行われました。京都府から出場できるのは小学生16チーム、中学生15チームです。50を超える登録道場から、出場できるのはわずか。毎年毎年熱戦が繰り広げられます。

蒼龍館も毎年、必死に稽古を積んでこの大勝負に臨んでいます。先のFBでお知らせしている通り、今年も蒼龍館はありがたい事に小中そろって全国大会に出場させていただくことができることになりました。特筆すべきは、中学女子個人でマナカが3年前のリナ以来の個人全国出場を決めてくれたことでしょう。

子供達の頑張りはもちろんですが、これもひとえに、普段錬成会や大会で胸を貸していただいている道場の皆様、日頃指導いただいている指導者の先生方、何より送迎、申し合わせ営業、記録、準備等多大な支援をしてくれているご父兄の皆さんのおかげです。この場を借りて感謝、お礼を言いたいと思います。ありがとうございました。

試合内容については、中学生はさておき、特に小学生団体は全く褒められたものではありませんが、神様が与えてくれたチャンスと思って、全国大会まで邁進しましょう。

すべては”準備“にあります。どんな状況であれ、この”準備“を直前まで油断なく粛々とやってないといけません。

ケガに気をつけて・・・7月の全国大会へ向けて!まだまだこれからです。三位一体となって頑張りましょう!

今後とも、京都蒼龍館をよろしくお願いします!

IMG_3403

いよいよ・・・

IMG_6978 (1)

 

3代目管理人です。

最近はFBなどライブ情報発信は4代目管理人さんに完全に移行してます。ありがたいことです。HPのヘッドカバーなど大きいところだけ3代目の出番です。。。

さて、新年度になりまして蒼龍館も新キャプテンの下、頑張っております。レギュラーになるもの、レギュラーではない子、それぞれがそれぞれの目標に向かって頑張っています。いろんな子供達がいますが、その子にあった目標設定を導いてあげられたら・・と思います。

昨日は宇治市民総体開会式の後、向陵さんと一心さんが出稽古にきてくれました。この時期に合同稽古をしていただける事は本当にありがたいですね。

稽古のメニューは、低学年には少ししんどかったかもしれません。できる、できないより、「やりきった」という達成感を味わってもらえたと思います。普段一緒に稽古できないお相手、他道場さんと剣を交えることで、剣風の違い、相手のいい所を感じて、自分の剣道に生かしてほしいと思います。

向陵さん、一心さん、来ていただきましてありがとうございました。

そして・・昨年も書きましたが、夏の全国大会、京都府予選がいよいよ今週末に迫ってきました。蒼龍館でも2月頃から稽古や錬成会を積み重ね準備してきました。泣いても笑っても今週末!最後は自分がどれだけ強い気持ちを持って試合に挑めるか?にかかっていると思います。

あれだけやってきたんだから大丈夫・・・と思っていいと思います。大いに自信をもって、試合を楽しんでほしいと思います。監督としても、勝負は勝負ですが子供達と試合を楽しみたいと思います。

あれだけやってきたんだから!自信もっていきましょう!

IMG_3127

剣道で勝っていれば勝負に負けてもええやん?

yjimageqcnlj279

寒いですね~。

大寒波・・・スタッドレスタイヤを広島まで買いに行った1月中旬を思い出します・・・三代目管理人です。さて、インフルエンザが流行っていますが・・蒼龍館の子供達は元気に稽古に試合に励んでおります。

今週末の蒼龍館は・・土曜日には砂川少年剣道錬成会さんが出稽古に来てくださいました。蒼龍館に稽古に来てくれたのは2回目でしょうか。だいぶ蒼龍館にも慣れていただいて・・・

白い道着・袴に身を包んだ先生にしこたま稽古つけてもらっていたようですネ。よく頑張りました!田中先生始め、新谷先生、子供達、ご父兄の皆様、お越し頂きありがとうございました。

そして日曜日は・・久御山町スポーツ少年団本部長杯争奪剣道錬成大会に参加させていただきました。蒼龍館からは面付けしている子供達ほぼ全員が個人戦に参加。そして小学生高低・中学生の団体戦に臨みました。

小学校高学年団体戦では、1回戦、まさかの砂川さん・・www

結果は、ケンシロウが個人優勝を果たすも、その他個人、団体とも頂いた入賞はすべて3位という・・相変わらずのブロンズコレクターぶり・・・決勝に上がるチームとBEST4で終わるチーム、ここの壁がなかなか越えられませんね。また最初から・・稽古あるのみですね!

 

管理人はといえば・・諸般の事情により審判はできませんで、監督業に専念。その間いろんな試合場で多岐にわたる学年別の試合を見ることができました。昨日の試合・・・総じて・・

小学生の試合にハツラツさや思い切り、見ていて気持ちがいい試合がほぼ・・ない

ということを強く感じました。特に小学5年生ぐらいの個人戦になると、まず打たない。お互いに打ち合わない・・打ってきたら返す、打ってきたら返す、鍔競り合いはくっついて離れない・・こんな試合ばっかり・・なので、延長で20分以上やってるカオスな試合が何試合あったか・・

そうまでして勝たんでも・・っていう・・

低学年はまだガンガン打つ子は打っているのですが、試合慣れしている子は受けては返し・・受けえては返し・・・っていう待ち剣の片鱗もチラホラ・・・

反面、中学生は・・・仕掛け合い、ガマン所、一気にドカーンと行くところ、スピード感も元気もよくて見ていて気持ちの良い試合が多かったですね!

子供達は試合に勝ちたい!父兄も勝って子供達の喜ぶ顔を見たいし、感動を味わいたい。指導者も勝たせたい・・・ですが・・それに凝り固まると、「先に打つな」「きたところを返せ」「1本を守りきれ」ってなってしまいますよねぇ。

少年剣道でそうしてしまうと、中高大と大きくなればなるほど試合で勝てなくなりますし、何より剣道を続けることが難しくなるでしょう。ひいては、剣道を通じての人間形成にはつながらなくなってしまうのです。ってわかっていながら・・・

果たして今の自分の指導はどうなんかな・・と思ってしまいました。

先の剣道、攻めの剣道で公式戦で優秀な戦績を修められている道場さんもあります。そういった道場さんはどういう指導をして子供達の剣道を伸ばしているのか、今一度学んで、立ち返らないとあかんなぁ・・と思いました。良い”気づき”を頂きました。

強く美しい思い切りの良い剣道で勝っていれば、勝負で負けたってええやんか。その剣道で、また次の勝負に挑もうよ。

そりゃ、剣道も勝って、勝負でも勝っていればいいに越した事はないけどさー。勝てばどんな剣道でもええんかっていうと、それは違う。

指導も・・紙一重だし、やっぱり師弟同行で子供達に見せていかないとと思いました。

IMG_8823

 

 

言ったもん勝ち?数の多いもん勝ち?

こんにちは。管理人です。前回の更新から1ヶ月半も経ってしまいました。早くも年の瀬・・

1年が早い・・・

 

さて・・・今日は剣道とは関係ない話・・・

 

以前から、「除夜の鐘がなくなった・・・」という話題を聞いていましたが、今朝も”あさチャン”
でやってましたね・・・・

その番組によると、「除夜の鐘がうるさい・・」というクレームがあって、お寺さんが除夜の鐘をやめたり、除夕の鐘として昼間や夕方に行うようにしている・・・というのです。

そのほかにも、徒競走で順位つけられたら、ビリの子がイヤな思いするからやめろと言われ、学校側の対応としてみんなで手をつないでゴールする・・とか、幼稚園の節分のマメまきで、マメが耳や鼻に入ったら危険だ!とかいうクレームで、新聞紙丸めて鬼は外やってるとか、お祭りの鬼を子供が怖がるから、優しい鬼にしろとか?信じられないような話ばっかり・・・

それ以外にも、こないだ聞いた話で
修学旅行の行き先に反対した一部の保護者が学校に文句を言い、その子達は修学旅行不参加。

学校側はその保護者に修学旅行の積立金を返金する・・その後、学校では修学旅行のレポートを書くという授業があり、それにまた不参加の保護者が、「ウチの子は参加していないので書けないし、ウチの子供が肩身の狭い思いをした・・」と学校にクレーム、学校が謝罪する・・という、これまた信じられない話を聞きました。

こういう保護者ってホンマ信じられんし、学校側の対応も対応やなぁと・・・

いや、クレーム言われる側もいろいろ熟慮して対応を考えに考えた結果なんだと思いますよ。現場は大変なんやと思います。だけど・・・

 

いろんな場面でいろんな事がありますが、一部のクレーマーの意見にビビッてしまって大事な事を忘れているような気がしますね。日本の伝統文化や、修学旅行じゃないですけど、本来の意義・意味・信念など、ブレたらあかんところはしっかりもってコトにあたるようにしたいものだなぁ・・と思いました。

管理人も家庭に仕事に剣道に(書く順番配慮・・www)、大事にしたい部分、信念持ってコトにあたっている部分についてはブレずにいかなあかんな・・・と。

 

一部の少数クレーマーのわがままがまかりとおる一方で、数の多いもん勝ち?みたいなところも最近よく聞きますね。大きいところでは、イギリスのEU離脱とか?最近ホットな話題でいけば、「カジノ法案」の採決とかもそうですね。

身近な話でも、熱意・信念を持ってやっている方のチャレンジがフイになってしまったり・・・

大多数や満場一致が正しい!みたいな流れが・・・

 

本当に大事な事は何なんか?を考えたら、自ずとわかると思うのですが。さすがにカジノ法案など
大きな話になってくると数の原理を働かせないといけないと思いますが、それでも一応少数意見を
しっかり配慮して・・・結論にもっていく・・みたいなプロセスを大事にせんといかんよな・・って思います。

クレームじゃないけど、それ以外にも、初詣に神社などで頂くお屠蘇も中止したり、ノンアルのお屠蘇?やお持ち帰り制度にする神社やお寺さんが増えているとか。その理由も、酒気帯び運転のリスクが高まる・・・という理由だそうです。飲んだら乗るなは社会人の鉄則で、それを神社やお寺さんが気にせなあかん・・という・・・

絵馬のお願いも人に見られたくないから!という理由で「神のみぞシール」なるシールを貼って絵馬の願い事を隠すとか、日本らしい文化がどんどん変わっているようですね。

 

クレーム、言うたもん勝ち・・・
数の多いもん勝ち・・・
時代の流れだから?で片付けられないような・・・・

なんかヘンだな~と感じる今日この頃でした。